コレクション: 肉まん・中華饅頭

大珍楼の肉まんは、初代 陸蘇珍の妻である夏菊蘭が、現在善隣門のある場所で屋台で売ったのが始まりです。

昭和22年(1947)の大珍楼創業よりもさらに前、戦前のお話です。

当時の中華街(南京町)にはすでに、多くの飲食店があり、中には中華饅頭を提供している店もありました。

しかしこうした形で肉まんを常時商品化した店は、菊蘭の屋台のみで、中華街でも初といわれます。

10個の商品
  • リッキーのチャーシュー丼セット【税・送料込】
    通常価格
    ¥3,500
    販売価格
    ¥3,500
    通常価格
    ¥3,500
    単価
    あたり 
    売り切れ
  • レアチャーシューと新作小籠包セット【税・送料込】
    通常価格
    ¥4,500
    販売価格
    ¥4,500
    通常価格
    ¥4,500
    単価
    あたり 
    売り切れ